ミドリムシで腸内細菌のバランス改善!?

普段、腸内細菌や腸内フローラについて意識しながら生活をされていますか?

今回は、「ミドリムシで腸内細菌のバランス改善!?」と題して、腸内細菌のバランスと健康との関係を説明したうえで、ミドリムシがどのように腸内環境の改善に役立つかについて紹介します。

腸をキレイにすることは、便秘や下痢などの腸の不調を改善するだけではなく、風邪やインフルエンザ、感染症などの予防や、免疫力のアップ、肥満や大腸がん、糖尿病のリスク軽減など、あらゆる健康にかかわってくることです。

1.健康を大きく左右する腸内細菌とは?

健康を大きく左右する腸内細菌とは?

今、健康に過ごすために最も注目されている体の部分は「腸」です。腸をキレイにすることは、単に便秘や下痢の改善だけではなく、人間の健康全てに大きく影響をします。そして、腸内の状態に大きくかかわっているのが腸内細菌です。腸内細菌についてわかりやすく説明をします。

腸内細菌とは

「腸活」や「腸内フローラ」という言葉をテレビや雑誌などで見かけた方もいらっしゃるかもしれませんが、近年、人が健康に過ごすためには腸をキレイにすることが大事だといわれています。

「腸をキレイ」にするために大事な役割を果たすのが腸内細菌です。乳酸菌といった方がイメージしやすいかもしれません。

人間の体の中には数百兆個の細菌が生息しています。その種類は数百種類、重さにして1~2kgほどもあります。そしてそのほとんどが大腸の中に生息しています。人の体の中に生息する細菌は、「偏性嫌気性菌」といって大気レベルの酸素濃度にさらされてしまうと死滅してしまうので、酸素濃度が低い腸内に生息するんです。

このように細菌が多数生息している状態を、お花畑(フローラ)に例えて「腸内フローラ」といいます。また「くさむら」に例えて「腸内細菌叢」ともいいます。

腸内バランス(有用菌と有害菌)

腸内バランス(有用菌と有害菌)

腸内細菌には、良い菌(有用菌)とそうでない菌(有害菌)があります。

有用菌は、人の体が消化できない食べ物を分解したり、ビタミン・ホルモン・酵素を合成したりするなどの働きをします。また、正しくこれらの働きがされることで免疫力も高まります。
有害菌は反対にタンパク質を分解して、体内に有害物質を発生させてしまいます。

腸内に有害菌が増えすぎてしまうと、さまざまな体調面の不調を引き起こしてしまいますので、これらのバランスを整える必要があります。この、バランスを整えるための活動を「腸活」と言います。

有害菌が増えすぎると便秘や肌荒れの原因に!将来の大きな病気のリスクも

有害菌が増えすぎると、短期的には便秘や肌荒れの原因になってしまいます。また、免疫の低下によって風邪やインフルエンザ、肺炎などに感染しやすくなってしまったり、アレルギーを引き起こしやすくなってしまったりといったことが起こってしまいます。さらに、長期的な視点では、大腸がんや肥満、糖尿病を引き起こしてしまうリスクにもつながります。

体の一部の腸の状態が人の健康を大きく左右するなんて、なんだか信じられないことですよね。
簡単に説明すると健康な腸は免疫細胞の免疫力を高める作用があります。そして、血液に乗って免疫力が強くなった免疫細胞が全身に運ばれるので、体全体の免疫が高まるという仕組みです。

2.腸内細菌を意識して健康状態を良くするには?

腸内細菌を意識して健康状態を良くするには?

人の健康全体にかかわる腸の健康。腸内細菌のバランスを整えて腸をキレイにするにはどのように取り組んでいけばよいと思いますか?

食生活や運動習慣の見直しで腸内の有用菌を増やし、バランス改善に取り組むことができます。また、59種類の豊富な栄養素を持つミドリムシも腸内細菌のバランス改善に効果的です。

腸内細菌のバランスを整えるためには

腸内細菌を整えるには食事の改善と適度な運動が効果的です。

腸内バランスを整えるために良いといわれている栄養素は以下の通りです。

・食物繊維
水溶性(リンゴ、こんにゃく、海藻など)と、不要性(ゴボウ、玄米、キノコ類など)

・オリゴ糖
腸内バランス改善に有効なものは、ガラクトオリゴ糖(牛乳など)、フラクトオリゴ糖(アスパラガス、玉ねぎ、ゴボウなど)、大豆オリゴ糖(大豆など)

・乳酸菌
動物性(ヨーグルト、チーズなど)、植物性(みそ、キムチ、漬物など)

・納豆菌

・酢酸菌
酢(リンゴ酢、穀物酢、米酢、黒酢、ワインビネガーなど)

・酵母菌
パン、イカの塩辛、ビール、日本酒など

なお、ミドリムシには食物繊維のような働きをする独自成分パラミロンが含まれています。食物繊維の中にもさまざまな種類がありますが、ミドリムシに含まれているのはキノコに比較的似た不要性食物繊維です。

これらの食物を積極的に摂取することで、腸内細菌のバランスが改善され体調の改善や将来の病気、疾患の予防が期待できます。

パラミロンと乳酸菌の相乗効果

パラミロンと乳酸菌の相乗効果

ミドリムシのパラミロンには、乳酸菌との相乗効果があることが知られています。

パラミロンや食物繊維、オリゴ糖は腸内で乳酸菌のエサとなって善玉菌(有用菌)を増やす働きがあります。したがって、乳酸菌と食物繊維を一緒に摂取すると相乗効果で腸内環境が改善されるといわれています。上述の通り、元々腸内には数百兆もの乳酸菌がありますので、ミドリムシを単独で摂取した場合でも、腸内バランス改善のメリットは十分にあります。

ユーグレナ社による実験結果

ユーグレナ社、兵庫県立大学、大阪青山大学は第21回腸内細菌学会にてミドリムシの腸内細菌への影響を調べた研究結果を発表しています。(ユーグレナおよびその貯蔵多糖パラミロンの摂取による 排便および腸内細菌叢に対する影響の検討)

この研究により、ユーグレナ(ミドリムシ)の摂取することでヒトの排便が促進されていることが改めて確認されました。また、ラットの腸内細菌叢の乳酸菌(ラクトバチル ス属,ビフィドバクテリウム属)の割合が増加したという結果になりました。

ユーグレナ・マイヘルス 腸内バランスチェック

ユーグレナ・マイヘルス 腸内バランスチェック

ミドリムシの開発・研究・培養をおこなっている東大初のバイオベンチャー企業株式会社ユーグレナでは、輸送キットを使用して腸内バランスをチェックするサービスを展開しています。

webから申し込みをして、手順に従って試料を採取し返送すると、およそ6週間で自分自身の身体の腸内のバランスが確認できます。
具体的には、以下のことが確認できます。

・腸内細菌の多様性と割合
腸内細菌の多様性が多いほど、病気にかかりにくいことが分かっています

・腸内細菌タイプ
血液型のように腸内細菌の種類により3種類に分類されています

・太りやすさと主要な細菌の割合
肥満とかかわりのある細菌の比率を表示

・おなかの悩み判定
「便秘」「下痢」タイプの測定など、過去のアンケートデータに基づくタイプの分類と改善案の提案

ユーグレナ・マイヘルスを利用することで、現在の自分自身の腸内細菌の状態を数値として確認し、目的や目標をもって腸活をすることができますね。

3.まとめ

腸内細菌のバランスが、どれだけ健康にとって重要であるか理解していただけたでしょうか?
身体の一部である腸の中に1~2kgも腸内細菌が存在していることや、腸をキレイにすることが身体全体の健康にかかわることなど、とても驚きが多かったのではないでしょうか?

腸内細菌のバランスを整えるには、有用菌を増加させることが重要です。そのためには、乳製品、食物繊維、発酵食品などの摂取がポイントになります。ミドリムシは食物繊維のような働きをする独自成分パラミロンを含んでいるので、腸内細菌のバランスを整える効果が期待できます。

59種類の豊富な栄養素をバランスよく含んでいるミドリムシを摂取し、全体的な栄養を補助しながら、腸内細菌のバランスも意識されてみてはいかがでしょうか。

  • facebook
  • facebook
  • facebook
             

ミドリムシファミリー

Recent Posts最新記事