ミドリムシのマグネシウム!生命維持に不可欠な効果

丈夫な骨や体、落ち着いた精神状態、正常な血流など、マグネシウムの摂取は人が健康に生活するために必要な多くの働きを持っています。

今回は「ミドリムシのマグネシウムの生命維持に不可欠な効果」と題して、マグネシウムの持つ働きについて紹介します。多くの女性が悩まされている骨粗しょう症や偏頭痛の予防、イライラの軽減、若返り効果のある物質の分泌促進など、意外に身近なところでとても重要な役割をしている栄養素なんです。もしかしたら、日ごろの疲労感はマグネシウム不足が原因で起こっているかもしれません。

ぜひ、マグネシウムの働きについて知ってくださいね。

1.ミドリムシに含まれるマグネシウムとは?骨や歯の形成に必要な栄養素

ミドリムシに含まれるマグネシウムとは?骨や歯の形成に必要な栄養素
ミドリムシに含まれる9種類のミネラルの一つにマグネシウムがあります。
マグネシウムの役割や不足した場合の症状について紹介します。

マグネシウムとは

マグネシウムは成人の体内におよそ25g存在するミネラルです。
全体の6割が骨や歯に、残りが脳や筋肉、神経に存在しています。マグネシウムは、生命維持に欠かせないエネルギー代謝をはじめ、多数の酵素を助ける働きをするとても重要な栄養素です。

マグネシウムは具体的にどんな働きをするの?

マグネシウムは具体的にどんな働きをするの?
では、マグネシウムは具体的にどんな働きをしているんでしょうか?
具体的に紹介します。

①骨をつくる
カルシウムやリンとともに、丈夫な骨を作ります。マグネシウムが不足した場合には、カルシウムの不足と同じように骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

②筋肉の働きを助ける
カルシウムとペアになって、筋肉の働きを助けます。カルシウムが筋肉を収縮させる働きをし、マグネシウムは筋肉を緩める働きをします。これらの組み合わせによって、人はスムーズに筋肉を動かすことができます。

③高血圧予防
マグネシウムには、正常な体温や血圧を維持する働きがあります。

④イライラを抑える
神経情報伝達の役割もあり、神経が興奮するのを防いでくれます。

⑤偏頭痛の軽減
神経の働きを安定化することにより、偏頭痛の予防や偏頭痛による頭痛頻度の低減に効果があるといわれています。

⑥若返り効果のあるアディポネクチンを増やす
マグネシウムを多く摂取している人は、「若返りホルモン」「長寿ホルモン」ともいわれるアディポネクチンの値が高いというデータがあります。

「ミドリムシが増やす若返り物質アディポネクチンとは」

⑦血液の流れを正常に保つ
マグネシウムは血液の流れを正常に保ち、血流を良くしてくれる栄養素です。そのため、むくみの改善などにも効果が期待できます。

「むくみ解消にミドリムシ!?59種類の栄養素がサポート」

以上のように、骨や筋肉の健康、神経などにとても重要な役割を果たします。

マグネシウムが不足すると・・・

マグネシウムが不足すると・・・
マグネシウムが不足した場合、以下の症状が現れます。

  1. 不整脈が生じやすくなる
  2. 神経興奮、イライラが起こりやすくなる
  3. 疲労感
  4. こむら返りや筋肉のけいれんが起こりやすくなる

さらに、慢性的にマグネシウムが不足した場合には虚血性心疾患や動脈硬化のリスク増加にもつながってしまいます。

マグネシウムの推奨摂取量は30~49歳の男性:370mg/女性:290mgです。
平成27年度国民健康・栄養調査によると、
マグネシウムの1日の摂取量の平均は243.9mgですので不足しがちな栄養素といえるでしょう。

ミドリムシはマグネシウムなど9種類のミネラルを含んでいる

ミドリムシはマグネシウムなど9種類のミネラルを含んでいる
ビタミンやアミノ酸、ミネラルなど59種類の栄養素を豊富に持つミドリムシには、マグネシウムも含まれています。また、マグネシウムと一緒に骨や筋肉を形成するカルシウムやリン、マグネシウムの吸収を促進するビタミンDも含んでいるため、効率良く必要なエネルギーを摂取できます。

目に見えない小さな体のミドリムシを摂取することで、丈夫な骨や筋肉が効率よく作られるなんてなんだか不思議なことですよね。

マグネシウムを摂れる食品

マグネシウムを摂れる食品
マグネシウムを食品から摂取する場合にはどのような食品に含まれているでしょうか?
一覧を紹介します。

(100g中のマグネシウム含有量)

食品 マグネシウム量
乾燥ワカメ 1,100mg
ほしひじき 620mg
アーモンド 310mg
大豆 220mg
玄米 110mg
マイワシ 100mg

マグネシウムは、野菜、精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。

2.まとめ

骨や筋肉の形成の他に、神経の興奮を抑えたり、血流を正常に保ってくれたりする効果のあるマグネシウム。

59種類の豊富な栄養素を持つミドリムシには、マグネシウムが含まれていることに加えて、マグネシウムと一緒に働いてくれるカルシウムやリン、マグネシウムの吸収を促進してくれるビタミンDなども含まれています。

つまり、ミドリムシを摂取するということは強い選手を味方にするというよりも、強いチームをそのまま味方にするようなイメージで健康の維持ができるということですね。

日ごろの疲れや、偏頭痛、骨粗しょう症など気になる症状がありましたら、ミドリムシのサプリを検討されてみてはいかがでしょうか?

  • facebook
  • facebook
  • facebook
             

ミドリムシファミリー

Recent Posts最新記事