ミドリムシのGABAでストレス軽減!?

大量の家事、思い通りに進まない育児や人間関係、将来の不安、などなど・・・どうしてもイライラや不安は尽きないものですよね。
今回は、「ミドリムシのGABAでストレス軽減!?」ということで、日ごろイライラしてしまいがちな方必見のミドリムシに含まれる栄養素の効果を紹介します。

その栄養素とは、GABA。チョコレートやシリアル商品で名前を見聞きされたことのある方が多いのではないかと思います。イライラを解消してくれそうな栄養素、という認識はあるかもしれませんが、なんとなくその効果や働きはイメージしづらくないですか?

ミドリムシにもGABAが含まれていますので、ミドリムシの効果と合わせて、GABAの効果をたっぷりと紹介します。

1.GABA(ギャバ)でストレス軽減できるって本当?

GABA(ギャバ)でストレス軽減できるって本当?

最近は、チョコレートの商品でもすっかりおなじみのGABA。
CMでも「ストレスを低減する」ってうたっているので、すごく身体に良さそうな気がしますよね。

ところで、GABAって何?意外にGABAってなんの栄養素か聞かれたら、難しくないですか?

GABAはタンパク質をつくらない一匹オオカミのアミノ酸の仲間

GABAはgamma-aminobutylic acid(γ―アミノ酪酸)の略称で、その名の通りアミノ酸の仲間です。
アミノ酸の中でも、たんぱく質をつくらない仲間で、動植物界に広く分布しているんですが、ほ乳類などの高等生物では抑制系の神経伝達物質として機能していることが知られています。

他の物質や栄養素と結びつかずに、単独で一匹オオカミとして働く栄養素です。

GABAの役割

GABAの役割

「抑制系の神経伝達物質」といっても、ちょっとイメージしづらいですよね。
少しかみ砕いて説明するとGABAには、次のような働きがあるといわれています。

  • イライラや不安を鎮めて精神を安定してくれる
  • 血圧の低下
  • 脳への血液循環を良くして、脳を活性化してくれる

これらの中で、特に注目したいのが「イライラや不安を鎮めてくれる」機能。ストレス社会にはぴったりの栄養素といえますよね。

GABAに関しては、大手流通企業が健康サプリを販売するにあたり、(公財)日本健康・栄養食品協会に実験結果を届け出ています。実験によると、毎日28mg以上のGABAを摂取した人は、そうではない人と比較して精神的な疲労が軽減されたという結果が認められています。

GABAの増やし方とは

GABAの増やし方とは

脳内のGABAを増やせば、日ごろのイライラを抑えてくれるということですね。でも、いったいどうやってGABAを増やすことができるんでしょうか?

方法は3つあります。

1.GABAを摂取する
GABAは多くの動植物に含まれているので、直接摂取する方法もあります。しかし、「GABAを摂取してもほとんど脳内まで到達しない」ともいわれています。GABAを特に多く含んでいる食品は、発芽玄米です。他に、トマトやナスにも豊富に含まれています。

2.グルタミン酸を摂取する
GABAはグルタミン酸というアミノ酸から生成されます。グルタミン酸を摂取することで、体内で、GABAを生成できます。グルタミン酸は小麦やスパゲティの麺、肉類のゼラチン、かつお節などに多く含まれています。グルタミン酸は、昆布だしのうまみ成分ともいわれています。

3.睡眠をたくさんとる
グルタミン酸からGABAが生成されるのは、睡眠中です。したがって、睡眠が不足すると、GABAが不足しがちになってしまいます。

そして、これらの3つにすべて効果が期待できるのが、ミドリムシです。
ミドリムシには、GABAだけではなくグルタミン酸も含まれています。また、睡眠の質を上げる効果も期待できます。

GABAを直接摂取する意味はあるの?

ミドリムシの効果について紹介する前に・・・
「GABAを直接摂取しても脳内にはほとんど到達しない」点は気になりますよね?だったら、GABAを摂取しても、ほとんど意味はないのかな・・・?とガッカリしてしまうかもしれませんね。

この部分については、現在研究が進められているところではあるんですが、GABAを摂取することで、血圧が下がる、恐怖心がなくなる、コレステロール値が下がるといったデータが確認されていることも確かです。GABAは脳に直接作用するのではなく、腸管を通して作用するのではないかと推測されているところです。

なお、摂りすぎによる健康被害などの実例はありません。ただし、チョコレートやシリアルでGABAを摂取する場合は、糖分や脂質など、他の栄養素を摂りすぎてしまう危険性があるので、注意してくださいね。

2.ミドリムシはGABAの増加にどんな風に役立つの?

ミドリムシはGABAの増加にどんな風に役立つの?

栄養素で日々のイライラの悪循環を断ち切れたら理想的だと思いませんか?

ミドリムシには、GABAが含まれているだけではなく、GABAの生成を助けてくれる効果も期待できるんです。

ミドリムシにはGABAが含まれている!

ミドリムシにはGABAが含まれている!
引用:ユーグレナ社

含有量は公開されていませんが、ミドリムシにはGABAが含まれています。
ですので、日ごろのイライラが気になる方は、不足しがちな栄養のサポートをしながら、ミドリムシサプリを始めてみるというのも良いかもしれません。

特にGABAの補充を注意したい方におすすめのサプリは、ミドリムシの屋外大量開発に成功し、現在も開発を続けているユーグレナ社から販売されている「GABA 機能性表示食品(ストレス緩和)」。

1ヶ月分60粒が2,900円で販売されています。1日当たりの目安量2粒に28mg(ちょうどGABAのストレス軽減作用が確認されている分量です!)が含まれているミドリムシサプリです。

もちろん、その他のミドリムシサプリにもGABAは含まれていますので、不足を感じる栄養素や体調の悩みなどに合わせてサプリを選ぶのもアリだと思います。

ミドリムシのトリプトファンが睡眠の質をサポート

GABAを増やすには、睡眠時間も重要です。
睡眠は、健康の状態だけではなく、美容にも影響するので、不足に感じている方はしっかり調子を整えておきたいところですよね。

ミドリムシには、こちらもアミノ酸の一種であるトリプトファンという成分が含まれています。トリプトファンは、体内で「幸せホルモン」セロトニンを生成し、さらにセロトニンから「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンを生成します。つまり、トリプトファンは良質な睡眠を取るための原料ということです。

セロトニンを摂取して、午前中に朝日を浴びることで、夜にメラトニンが生成されるといわれていますので、ミドリムシを摂取して、適度に日光を浴びることで、睡眠の質がアップするということになりますね。

「ミドリムシが睡眠をサポート!栄養素の力でぐっすり」

3.まとめ

イライラの解消のために注目されているGABA。

その効果が知られるようになったのは、最近50年ほどのことですが、5億年も前から生きているミドリムシにも、GABAが含まれているなんて驚きですよね。しかも、GABAの原料となるグルタミン酸や、GABAの生成には不可欠な睡眠をサポートする成分メラトニンの生成に欠かせないトリプトファンも含んでいるのだから、さらなる効果が期待できますね。

イライラ解消という観点では、脳内でGABAに近い働きをするセロトニンの成分になるトリプトファン、セロトニンの生成を助ける鉄分、心の安定に不可欠なビタミンB群など、ミドリムシには他にもさまざまな効果的な成分が含まれています。ミドリムシやGABAには摂りすぎによる健康被害もありませんので、気になる方はサプリなど気軽に始められるところからスタートされてみてはいかがでしょうか?

  • facebook
  • facebook
  • facebook
             

ミドリムシファミリー

Recent Posts最新記事