ミドリムシのDHA・EPAに血液サラサラ+α効果

お魚に含まれる血液をサラサラにしてくれるDHAとEPA。サプリメントなどでもおなじみですよね。そんなお魚に含まれているはずの栄養素がなぜかミドリムシにも含まれているんです。

今回は、「ミドリムシのDHA・EPAに血液サラサラ+α効果」と題して、DHAやEPAの健康への効果を紹介します。「脂肪」って聞くと、あまり摂りたくないようと思うかもしれませんが、健康だけではなくて美容にも間接的に期待できるんですよ。

1.血液サラサラ効果のある不飽和脂肪酸(DHA・EPA)とは

青魚というと、とても健康に良いタンパク質というイメージがありますよね?
魚が健康に良いといわれる理由の一つがDHAとEPAを含んでいることです。そして、これらの栄養素が驚いたことにミドリムシにも含まれているんです。

DHAとEPAについて簡単に紹介します。

「DHA」「EPA」は不飽和脂肪酸の一種

「DHA」「EPA」は不飽和脂肪酸の一種
脂肪にはどんなイメージがありますか?
ダイエットの大敵で燃焼したいもの?肥満や不健康の元?脂のかたまり?

三大栄養素の一つの割には、マイナスイメージが語られることの多い脂肪(脂質)ですが、人体にとって必要な栄養素です。さらに言えば、脂肪には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二種類があり、不飽和脂肪酸の方は植物や魚に多く含まれており不足しがちな栄養素といわれています。

不飽和脂肪酸という言葉に馴染みがなくても「オメガ3系脂肪酸」や「DHA」「EPA」という言葉はテレビや健康食品の紹介などで耳にされたことがあるのではないでしょうか?

DHAやEPAのことをオメガ3系脂肪酸というのですが、これらは青魚に多く含まれる魚油です。例えば、日本心臓財団の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」の動物硬化性疾患予防のための食事指導においては、「n-3系多価不飽和脂肪酸(=オメガ3脂肪酸)の摂取を増やす」と記載されているなど、健康に良い油だとされています。

反対に、私たちがよく脂肪と聞いてイメージする油は「飽和脂肪酸」です。動物性脂肪に多く含まれています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)の働き

DHA(ドコサヘキサエン酸)の働き
DHAの働きについて紹介します。

・血液サラサラ効果
血を固まりにくくし、動脈硬化や脳梗塞を予防してくれる効果が期待できます。

・頭が良くなる!?
DHAは母乳にも含まれ、乳児や子どもの脳の発育に良いといわれています。海外では、日本の子どもたちの知能水準を高いのはDHAを豊富に含む魚を食べているから、とも言われています。

・抗がん作用、抗アレルギー作用
発がん物質の働きや、アレルギーの原因となる物質の働きを抑える効果があります。

・悪玉コレステロール値を下げる
成人病の原因となる悪玉コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれています。

EPA(エイコサペンタエン酸)の働き

EPA(エイコサペンタエン酸)の働き
EPAの働きについて紹介します。

・血管のおそうじ+血液サラサラ
血を固まりにくくし、動脈硬化や脳梗塞を予防してくれる効果が期待できます。また、血液がサラサラになって全身にくまなくいきわたることで、貧血や肌荒れ防止、むくみの改善にも期待できます。

・炎症やアレルギーの予防
炎症やアレルギーの原因となるプロスタグランジンという物質を減少させる効果があります。

・制がん効果
制がん効果があるといわれています。

・悪玉コレステロール値を下げる
成人病の原因となる悪玉コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれています。

DHA・EPAは体内でほとんど合成できない

血液サラサラの効果を始めとしたいろいろなメリットがあるといわれるDHAやEPAですが、体内ではほとんど合成することができません。ですので、食品の栄養から摂取するしかありません。

DHA・EPAはどんな食品に含まれている?

DHA・EPAはどんな食品に含まれている?
DHA・EPAを多く含んでいるのは、以下の食品です。

(魚肉100g中のDHA・EPA含有量)

食品名 DHA EPA
マイワシ 1381mg 1186mg
マグロ 1288mg 2877mg
サバ 1214mg 1781mg
ブリ 898mg 1785mg
サンマ 844mg 1398mg
サケ 492mg 820mg

上記の通りDHA・EPAは魚に含まれています。近年の食生活の変化により日本人は魚を食べる量が減ったため、ほとんどすべての世代においてDHA・EPAが不足しているといわれています。

なお、DHA、EPAともに特に摂取推奨量が設けられているわけではありませんが、冠動脈性心疾患の予防効果が得られる最小量は1日当たり450mg程度といわれています。一回お魚を食べれば摂取できる量ですが、毎日となるとなかなか難しいですよね。

ミドリムシはDHA・EPAを両方含んでいる

ミドリムシはDHA・EPAを両方含んでいる
ミドリムシは、パット見たところ魚ではありませんが、DHAとEPA両方含んでいます。

さらに、ミドリムシにはDHA・EPAとの相乗効果のある栄養素も含まれています。さらに、ミドリムシがビタミンEを含んでいることにも注目です。EPAはとても優れた働きをする栄養素ですが、体内ですぐに酸化してダメになってしまうというデメリットがあります。ビタミンEはEPAを守ってくれる役割を果たします。

2.まとめ

DHAとEPAはテレビや雑誌などで目にすることも多いと思います。
血液をサラサラにしてくれる、頭がよくなる、というのはテレビでもよく紹介されていますが、思った以上の効果に驚かれたのではないでしょうか?

ミドリムシは水中で生きている生き物ではありますが、魚に豊富に含まれているはずのDHA・EPAを含んでいることにも驚かされますよね。

ミドリムシはビタミンやミネラル、アミノ酸など59種類の栄養素を豊富に含んでいますので、DHAやEPAとの相乗効果が期待できる栄養素もたくさん持っています。成人病の予防や血液サラサラ、悪玉コレステロールなど気になるポイントがあるなら、ミドリムシサプリがとてもおすすめです。

  • facebook
  • facebook
  • facebook
             

ミドリムシファミリー

Recent Posts最新記事