ミドリムシが増やす若返り物質「アディポネクチン」とは

人類の永遠のテーマともいわれる「不老不死」。
実は、人の体の中に、その不老不死薬に近い働きをする成分が存在しているかもしれません。

今回は、「ミドリムシが増やす若返り物質アディポネクチンとは」と題して、長生きしている人に共通して多く含まれているといわれるホルモン、アディポネクチンについて紹介します。そして、ミドリムシとアディポネクチンとの関係についても併せて紹介します。

長寿の他にも、痩せやすくしたり、がんや糖尿病を防いだりしてくれる効果も期待されていますので、ダイエットや生活習慣病に関心のある方にも、興味深く読んでいただけると思います。

1.若返り・長寿ホルモン!アディポネクチンとは

若返り・長寿ホルモン!アディポネクチンとは

ミドリムシに含まれる栄養素の中には、アンチエイジング効果の期待できる成分がたくさん含まれています。

ビタミンA・C・E・ミネラルの抗酸化作用によるアンチエイジングについては、「ミドリムシに美容効果!?美肌を手に入れる4つの効果」で詳しく紹介しています。

このようなアンチエイジングによる美容効果もミドリムシのもつすごい力ですが、本当に「身体が若返る」としたら、フィクションのような話ですよね。

そんなSF小説に出てくるような物質が実は、人間の体内に含まれています。その物質の名前はアディポネクチン。別名を「若返りホルモン」とも「長寿ホルモン」ともいいます。そして、ミドリムシを定期的に摂取することで、体内のアディポネクチンが増えることがわかっているんです。

若返り・長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチン

アディポネクチンの別名は、「若返りホルモン」「長寿ホルモン」「やせホルモン」。
どの異名も健康に良さそうで、女性の興味を強く引くニックネームですよね。

アディポネクチンは1996年に日本で発見された脂肪細胞から作られるホルモンです。

アディポネクチンが「若返りホルモン」「長寿ホルモン」と呼ばれているのは、きちんとした裏付けもあります。まず、男女の平均値の違い。

アディポネクチンの男性の平均値は8.3μg/ml、女性は12.5µg/mlという結果ですが、これはそのまま平均寿命の長さと比例しています。(男性81.09歳、女性約87.26歳/2017年厚生労働省発表)

さらに、100歳以上の女性66名を対象にアディポネクチンの量を計測した結果、66名の平均値は20.3µg/mという高い数値になりました。一般的な女性の平均値12.5µg/mよりもずっと高く、アディポネクチンの数値が高い人ほど長生きするということを裏付ける結果となったのです。

アディポネクチンの働き

アディポネクチンの働き

アディポネクチンが、「若返りホルモン」や「長寿ホルモン」など、フィクションの中の魔法の薬のようなニックネームで呼ばれている理由について、アディポネクチンの働きの面からも考えてみましょう。

アディポネクチンは脂肪から作られる善玉ホルモンなんですが、脂肪を燃焼させてくれる働き、血管の壁などにくっついて修復してくれる働きがあることが知られています。具体的に説明すると、次のような働きがあることが専門家によって明かされています。

  • メタボや肥満を予防してくれる働き
  • 糖尿病を改善してくれる働き
  • 動脈硬化を予防し、改善してくれる働き
  • 高血圧を改善してくれる働き
  • がんの予防

アディポネクチンには、運動したときと同じ効果を体内で発揮してくれるので、冒頭で紹介したような運動したり、食事制限をしたりしなくても、メタボ改善の効果や働きが期待できるんです。

アディポネクチンのちょっと不思議な特性

脂肪から作られるアディポネクチンが「やせホルモン」であるなら、どうして太ってしまうの?、「やせホルモン」なんて言ってても本当は、ほとんど効果がないんじゃない?って疑問に思われるかもしれませんね。

その原因は、アディポネクチンのちょっと不思議な特性が関係しています。
アディポネクチンは、標準型の体系の人にはたくさん存在しますが、標準よりも痩せている方、太っている方はアディポネクシンが分泌されにくいのです。

原因は他にもありますが、太っている人ほど痩せるのが難しく、標準よりも痩せている人や太っている人は病気になりやすいということです。

2.ミドリムシがアディポネクチンを増やす!?

ミドリムシがアディポネクシンを増やす!?

フィクションなどでもよく人が求めている不老不死の薬。
それが目の前に、というかむしろ体の中にあることが分かっているなら、少しでもそのホルモンを増やしたいと思いますよね?

ミドリムシにアディポネクチンが含まれているわけではありませんが、ミドリムシにはアディポネクシンを増やす働きがあります。

アディポネクチンは脂肪から生成される物質で、直接摂取することはできない

アディポネクチンは、脂肪から作られる善玉ホルモンですが、アディポネクチンを増やすために脂肪をたくさん摂取しても意味がありません。

脂肪をたくさん取ってしまったら太ってしまい、逆にアディポネクチンが作られにくくなってしまいます。

アディポネクチンを増やす効果が期待できる栄養素・食品

アディポネクシンを増やす効果が期待できる栄養素・食品

アディポネクチンを直接増やすことはできませんが、アディポネクチンを増やす効果が期待できる栄養素があることが最近の研究によって分かっています。

代表的なものを挙げると、以下のものがアディポネクチンを増やす効果があるとして知られています。

  • βグリシニン・・・大豆の加工食品(豆腐など)に含まれる
  • 緑黄色野菜の食物繊維・・・にんじん、おくら、トマト、小松菜など
  • マグネシウム・・・わかめ、ひじき、干しエビ、煮干しなど
  • EPA・・青魚など

さらに、ミドリムシにも毎日1gのミドリムシサプリを1ヶ月の継続摂取でアディポネクチンの量が増加したという実験データがあります。(銀座サイエンスペロ大森クリニック調べ)

ミドリムシに含まれるアディポネクチンを増加させる栄養素

ミドリムシに含まれるアディポネクシンを増加させる栄養素

ミドリムシを摂取した際に、アディポネクチンが増加する理由についても簡単に紹介します。

    • パラミロン・・・食物繊維のかたまりのようなミドリムシの独自成分です。

パラミロンは乳酸菌ととても相性がよく、乳酸菌のエサとなって働きを助ける作用があります。アディポネクチンも乳酸菌の一種です。

  • マグネシウム
  • EPA

これらのアディポネクチンを増やす成分がミドリムシにバランスよく豊富に含まれていることにより、アディポネクチンを増加させることができるのではないかと考えられます。

3.まとめ

「若返りホルモン」「長寿ホルモン」「やせホルモン」とも呼ばれるアディポネクチン。
直接摂取することができないのは残念ですが、ミドリムシを継続的に摂取することで、体内の分泌量を増やすことができると期待されます。

今のところ、「不老不死」とまでは言えませんが、100歳以上の方のアディポネクチンの平均値を計測すると一般の人の倍近いほどの数値になったことなど、効果を裏付ける調査結果も出ています。しかも、痩せやすくなったり病気を防いでくれたりと健康の面でもメリットがあるのが魅力ですね。

ぜひ、長寿を意識しながら、ミドリムシのサプリを試してみてはいかがでしょうか?

  • facebook
  • facebook
  • facebook
             

ミドリムシファミリー

Recent Posts最新記事